Rustコンパイラの処理の流れ(1)

  1. .rsファイルをパースし、ASTを生成
  2. マクロの展開、名前解決、#[cfg] アトリビュートの解釈
  3. ASTをHIRに変換
  4. 型推論、型解析
  5. HIRをMIRに変換
  6. MIRをLLVM IRに変換、最適化
  7. .o ファイルをリンク

.rsファイルのパース

パーサはlibsyntax crateにまとまっている。一般的なパーサと同じく、字句を解析しASTを作る。

参考

--

--

Software engineer

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store